セキュリティが進歩した理由というと

地域社会が個人を守っていた時代においては、ムラ社会そのものがセキュリティとして機能しており、外部から入ってくるものに対して個人を確実にガードしていたということがありました。
これは、特に江戸時代などの農村に見られる典型的な形でして、そういった形で秩序が保たれていたのです。
現代に入ると個人主義が叫ばれるようになり、核家族化も進んで個人単位、家族単位での行動というものが一般的になり、地域社会のつながりというものが薄れてシステムが機能しなくなったのです。
このため、個人が独自に自分の身を守るセキュリティのサービスを導入する必要が出てきたのです。
こういった流れの中で自衛の概念が出てきて、関連するサービスは進歩していったといわれています。
確かにこういった形で個人主義が尊重されるようになると、自由を得るためにはさまざまな安心というものも自分で守らなくてはならないということにつながってきまして、逆に真剣に安全について考えるようになったのです。